初心者のための資産運用講座

資産運用
スポンサーリンク

どうもノコピーです。今回は「資産運用について記載していきたいと思います。年金の問題やITの進展等で仕事の不安を抱えている人が多々いると思います。そんな中で、老後のことを考え資産運用について悩んでいる人が多いのではないでしょうか?そこで今回の本稿では初心者のための資産運用とは何か?どのような方法があるのか?またそのメリット・デメリットについてまとめていきたいと思います。今まで資産運用に興味がなかった方等にもこの機会に是非参考になればうれしく思います。

 

Nokopi
Nokopi

そもそも「資産運用」って知ってるようで知らないなー。

George
George

確かに怖い印象があるな!

ここで正しくメリット・デメリットを勉強しておこう!

 

資産運用とは何か?

資産運用とは自分が持っている資産(現金・不動産・株式・債券)を運用して自分の資産を増やしていくことを言います。

銀行への預金や株式トレード・外貨トレードなどがイメージしやすいと思います。銀行へ自分の現金を預けることで金利が付き資産が増えていきます。また株式トレードや外貨トレードについても株式や外貨を購入し購入額より高い金額で売却することにより利益を出す投資方法です。資産運用とは自分の資産を用いて資産を増やしていくことを言います。

資産運用の必要性

現在、日本では資産運用している人は多々います。なぜ現在筆者が資産運用が必要かと考えるかというと、現在の日本の状況は人口減少や年金問題・ITの普及等将来に不安を抱えている方は多々、いるかと思います。そんな状況の中で、資産運用を行うことにより日々の生活レベル向上、老後資金の確保が必要だと考えます。

資産運用の種類

銀行預金

銀行預金は銀行に現金を預けることにより、金利を受け取る資産運用です。銀行がつぶれるリスク等を考えてもリスクの低い投資方法であり、多くの人が行っている投資方法です。

国債購入

国債とは国が投資家からお金を借りるために発行する債券であり、その債券の期間により利息を受け取る資産運用方法です。国がなくなるリスクは低いため、比較的リスクの低い方法であると考えます。

株式投資

株式投資とは企業等が発行する株式を投資家が購入し、企業の価値が向上する事により、株式を購入する投資家が増え、購入した株式の価値が向上し、それを売却することにより利益を上げるまたは配当金にて利益を上げる投資方法です。株式の金額は日々変動しており、その変動率に基づき利益を上げていく方法です。なお、購入時より上昇方向に変動した場合は利益となり、下降方向に変動した場合は元本割れとなります。また、配当はその企業の決算状況により還元されますが、企業の業績が高ければ高配当となり業績が不振の場合は配当がなくなる恐れがあります。企業の業績及び株価により変動するためリスクは高めの投資方法といえるでしょう。

投資信託

 投資信託とは投資家から集めたお金をプロのファンドマネージャーが運用することにより利益をあげる運用方法です。資産をプロのファンドマネージャーが運用するため株式の知識等がなくても始められるメリットがありますが、プロが運用していても元本割れのリスクがあるため、投資信託を利用する際も注意をしなければなりません。

外貨預金

外貨預金とは投資家が自分の資産の現金を海外の現金と交換し為替変動により、利益を上げる投資方法です。例えば1ドル100円の為替の際に100円で1ドル交換し、為替変動で1ドルが110円になることで利益を上げる投資方法です。ただし1ドルが為替変動で90円となることもあるため注意が必要です。

不動産投資

不動産投資とは自分自身が不動産のオーナーになり、貸主として借主から家賃収入を得ることにより利益を出す運用方法です。借主が入る事により、継続的な収入が見込めますが、所有した不動産に借主が入らないリスクもあることから注意が必要です。また不動産投資は初期費用に大きな金額が掛かることが多く、開始時には注意が必要です。

 

Nokopi
Nokopi

資産運用」ってこんなに種類が有るんだ。

George
George

そうだな!どれもリスクを伴うから正しい知識が必要なんだ!

資産運用のメリット・デメリット

 【メリット】

 ・現在及び老後の資産ができる。

 ・貯蓄だけでは得られない資産を得られる可能性がある。

 ・現在の家計状況の把握ができる。

 【デメリット】

 ・元本割れで資産を失う可能性がある。

 ・多くの時間を取られる。

最後に

最後に資産運用はメリット・デメリットが大変多いと思います。資産運用を考える際には現在の家計状況の確認を行ったうえで、余裕資産で行うことをお勧めします。また資産運用を行う際は、自己の責任の下、行う資産運用の内容や方法、メリット、デメリットを再度ご自身で確認の上行うようお願いいたします。

コメント