初心者のためのホームページ作成【レスポンシブデザイン】

HOMEPEGE
スポンサーリンク

どうもノコピーです。

今日は出先で投稿を記載しています。インターネットが普及し、携帯電話でインターネットを見ている人が沢山います。各言う、筆者の周りに目を写すと多くの人が携帯を見ています(笑)そこで今回の投稿では今の時代、ホームページの閲覧には欠かせない携帯電話対応のホームページサイト(レスポンシブデザイン)の必要性について記載をしていきます。それではいってみよー!

【レスポンシブデザイン】とは

そもそも【レスポンシブデザイン】とはパソコンやタブレット、モバイル端末など、どの端末からでもサイトをみられるサイトデザインのことを言います。分かりやすく言うと、デバイスの画面サイズに関係なく自動でサイトデザインの大きさを変える事を言います。たまに、携帯だと画像や文字がうまく入っていないホームページの見ることがありますよね。それだと読みにくいし、内容を理解するのは凄く大変です。そこで必要になるのがレスポンシブデザインというわけです。

メリット・デメリット

レスポンシブデザインのメリットはどの端末からでも自分のホームページを確認してもらえる。これはホームページを運営する上で非常に大事な事です。端末を選ばずにホームページを確認できることは見てくれる機会を増やすことに繋がります。なぜならば、見てくれる方に適切にホームページの表示がなされないと最後まで読むことができない。また読んだとしても理解しづらいサイトになってしまいます、そして、レスポンシブデザインにすることはSEOに効果がある点も大きなメリットです。Googleは現在レスポンシブデザインを推奨しているのでレスポンシブデザインにすることですSEO対策にもなります。

デメリットとして、ホームページの作り込みに労力が掛かる。これはホームページの作り方にもよりますが、パソコン用とモバイル端末用等を別に作るやり方の際は労力が二重でかかります。モバイル端末で読み込みに時間が掛かるリスクがある。

まとめ

本稿のまとめとして、レスポンシブデザインの必要性について書いてきました。携帯やタブレット等、端末の大きさに関わらずホームページを表示することはホームページ運営者には必要なことだと思います。筆者はwordpressのテーマで自動にレスポンシブデザインの設定がしてあるテーマを用いています。wordpressでレスポンシブデザインのサイトをお考えの方はテーマの時点でレスポンシブデザイン対応になるかも確認すると作成が早く進みます。

コメント