初心者でも出来るWordPress入門

HOMEPEGE
スポンサーリンク

どうもノコピーです。これからホームページを作成しようと考えている方、ホームページ運営初心者で作成に苦労している方は多くいると思います。実際ホームページを作成するにしてもネットワーク言語である、「HTML」や「CSS」といった専用言語で入力しなくてはなりません。「ホームページは作りたいけど、難しいでしょ?」、「運営しているけどすごく時間がかかっている。」という方に今回は「CMS」とは何かまたその中でも筆者も使用している「WordPress」について記載したいと思います。

Nokopi
Nokopi

ネットワーク言語って何??

もっと簡単にホームページって作れないのかなぁ??

George
George

そこで今回は「wordpress」を説明するぞー

 

CMSとは

1-    CMSとは、【CMSContents Management System】と言い、ホームページの作成支援をするためのシステム総称です。本来ホームページはHTMLCSSといったプログラミング言語を基に構築されています。CMSとはテキストや画像をプログラミング言語を用いて構築してくれるシステムです。詳しく言うと、CMSのシステム上でテキストや画像を入力することでサイト構築をしてくれるシステムのことです。筆者はCMSの中でもWordPressというCMSを使用しています。CMSを使用することで、ホームページの作成や更新を簡単に行うことが出来るため、初心者や運営に苦労している運営者もホームページを運用しやすくなります。

WordPressとは

2-    WordPressとは、オープンソース(無料で使用することが出来る)で使用可能のCMSの一つです。「WordPress」が人気の理由が無料で使用できる(サーバーやドメイン、デザイン、カスタマイズには使用する種類によりにより別途費用が必要です。)、デザインの柔軟性、機能追加の柔軟性です。

メリット

3-    メリットとしてオープンソースのため無料で使用できる。またデザインや機能の柔軟性があります。WordPressの機能はプラグインを用いることで自分でカスタマイズ出来ます。(※なお、サーバーやドメインの取得、テーマやプラグインの種類により費用が掛かります。)また特定の会社に依存しないので、ホームページが無くなるリスクや利用規約に縛られないというメリットもあります。

デメリット

4-    デメリットとして、セキュリティーを自分で構築する必要がある。また使用するサーバーやドメイン・テーマ等で費用が掛かる。使い方を自分で調べる等のデメリットがあります。

 

まとめ

今回のまとめです。WordPressを使用することで専用のプログラミング言語を用いずホームページを作成できる(詳細な設定を行う際にはプログラミング言語が必要になる場合があります。)ためホームページの運営は楽になるが、費用やセキュリティー等を自分でカスタマイズする必要がある。

コメント