【超初心者用】仮想通貨入門

仮想通貨
スポンサーリンク

どうもノコピーです。

皆さん、「仮想通貨ってご存知ですか?」ここ数年急に聞くようになった仮想通貨についてこれから書いていきたいと思います。そもそも「仮想通貨って何?」「ブロックチェーンって何?」「買って大丈夫なの?」等多くの疑問・不安があると思います。そこでこれから順をおって【仮想通貨】とは何なのか、ブロックチェーンって何なのかについてまとめていきたいと思います。

本投稿では、まず始めに仮想通貨の基となるブロックチェーンについてまとめていきたいと思います。

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンとは簡単に言うと、【皆で分散してデータを管理する仕組みです】。取引したデータ(記録などのり履歴)を【トランザクション】といい、そのトランザクションをまとめたものを【ブロック】、【ブロック】が鎖のように連なって保存する仕組みを【ブロックチェーン】と言います。では実際に何が凄いのかと言うと、まず特定の管理者がいらない。ブロックチェーンは構成するPCにデータを保存するため、ブロックチェーンを構成しているすべての人間で管理を行うため、管理が1点に集中しない。また、すべてのデータを鎖のようにつなぎ、それぞれデータを保存しているため、不正がしにくい。中央的な管理や改ざん対策などを必要しないため、低コストで運用できる。この仕組みをお金に用いたのが仮想通貨です。

仮想通貨とは

上記のブロックチェーン技術を用いて、決済システムとして考案されたのが仮想通貨です。仮想通貨の大きな特徴として、【デジタル上の通貨】である。形のあるコインやお札という実際に手に出来るものは存在しません。また【特定の国家が発行しているものではない】ということがあります。日本円やアメリカドルはそれぞれの国の中央銀行が発行し、価値を保証しますが、仮想通貨の価値は、購入利用している人々の信頼の上に成り立ちます。似たようなもので、電子通貨(電子マネー)がありますが、仮想通貨とは別のものになるので注意が必要です。また現在、仮想通貨には1500種類以上の仮想通貨があると言われています。

まとめ

今回は、ブロックチェーンと仮想通貨についてまとめていきました。ブロックチェーン技術は、仮想通貨以外にも最先端技術として、使用が検討されている、最先端技術です。仮想通貨自体は価値の変動リスクや決済速度等リスクのある物になります。開始を検討されている方は、仮想通貨の種類や内容をよく精査し、リスク管理を確実にすることが大事になります。

コメント