初心者でも無料でアバターが作れる方法

HOMEPEGE
スポンサーリンク

どうもノコピーです。ホームページの投稿をしながら日々過ごしていた今日この頃ですが、ふとあるブログを読んでいた際に「アバター」なるキャラクターを発見しました。その時のブログ作成者はアバターを用いてプロフィールを作成しており、筆者の分身をアバターで作ることによりサイトを運営していました。

現在、ホームページやブログを運営する際はプロフィールをのせている運営者が多いと思います。だだ、実際の写真をのせるのが不安なかたも多くいると思います。
そこで今回は初心者でも無料でアバターが作れる方法をご紹介していきたいと思います。

George
George

俺らが筆者の分身「アバター」だ!

Nokopi
Nokopi

確かに色んなサイトで使ったいるのを見かけるね!

 

アバターとは

アバターの語源はサンスクリット語でアヴァターラ。(神や仏の)化身という意味です。ネットワーク上での自分の分身として活用します。姿は自分自身に似せる一方で性別や姿をカスタマイズすることでなりたい姿になる人が見受けられます。

メリット・デメリット

メリットとして、ホームページにプロフィールがない方は、運営者をイメージしやすくなる。また文書中で作成することにより、文章のみに比べ、読みやすく・理解しやすくなる。
デメリットとして、アバターは写真に比べ信頼性に欠ける。作り方によりコストがかかる。ホームページの作成時に勉強が必要。

アバターの作り方

3.アバターの作り方は大きく分けると下記の三点です。
1.自分で作成する。
2.無料のサービスで作る。
3.有料のサービスで作る。

1. 自分でアバターを作るとは、まさしく自分の力で、PCを操作し、アバターを作成する方法です。
2. 無料のサービスで作るとは、無料のアバターを作成してくれるサービスを提供しているサイトやアプリで作る。または、パソコンに詳しい友人に作成してもらう。
3. 有料のサービスで作るとは、お金を払い、有料の会社や個人のデザイナーに作ってもらう。

アバターの使い方

4.アバターの使い方はホームページやブログで管理者の分身として活用する。
ホームページのプロフィール欄で使用したり、投稿文書のなかでアバター同士を会話させ、見やすいサイトを作ったりします。

まとめ

5.まとめとして今回アバターを作成し、ホームページで使用することにより、名前のみで運営するより、運営者のイメージがしやすくなる。文書中で使うことにより文書のみでの使用より読みやすくなり、理解につながる。
アバターを作成する際は、求めるクオリティーやかかる費用に応じて作り方を選ぶことが出来る。

コメント