初心者のための資産運用【投資信託とは】

資産運用
スポンサーリンク

どうもノコピーです。以前株式投資についてご紹介させて頂きました。株式投資は自分で株銘柄を調べて買い注文や売り注文を証券会社に出します。実際【難しい】【銘柄】とか【株式会社の成長性】とかわからないとお思いの方もいらっしゃると思います。そこで今回はプロのファンドマネージャーが投資家の代わりに資産を運用してくれる【投資信託】についてご紹介させて頂きます。

投資信託とは

投資信託とは多くの投資家から資金を集めて専門の投資家が株式等を複数購入し、利益を上げる。その利益を投資家に投資額に応じて分配する金融商品です。分かりやすく言うと、プロ野球の球団に似ていると筆者は思います。投資家が球団のファンで球団運営に必要な費用を投資します。(野球のチケット等)球団は監督(ファンドマネージャー)にチームの指揮を任せます。監督は良い選手(株式等の商品)を獲得します。そしてチームの総合力(各商品)で勝利を重ねていくことでファン(投資家)に還元していきます。投資信託の商品は会社事に個性が有ります。どんな商品をどの程度購入するか等、自分にあった投資信託商品を選びましょう。また、投資信託の購入場所は証券会社を始め投資信託会社、銀行等幅広い箇所で販売されています。自分にあった投資信託商品を探すことが大事です。

投資信託のメリット

投資信託のメリットはプロのファンドマネージャーに購入や売却を任せられる。また広く投資家を募ることで少額からの投資が可能。管理が楽。分散投資出来る。

投資信託のデメリット

投資信託は諸経費が高い。投資信託は資産の運用をお願いするため、報酬や手数料等の管理費がかかります。また自分の購入したい銘柄を買えない。売れないというデメリットもあります。購入する会社事に金融商品が違うため会社事にサービスの利用登録をしなければいけない。また、投資のため元本割れを起こすリスクも有ります。プロのファンドマネージャーとはいえ、同じ人間が行っていますので、読み間違いや、予想通りに行かないことは多々有りますが。元本割れのリスクも踏まえ、決めることが大事です。

まとめ

最後に本稿のまとめです。投資信託は元本割れや手数料が高い等のリスクも有りますが、それを踏まえてもプロのファンドマネージャーに資産の運用を任せられる、分散投資が出来るというメリットは大きいと考えます。投資信託をお考えの方はリスクとメリットをよく精査の上自分にあった投資信託商品を選びましょう。

コメント