初心者のための資産運用【株式投資編 ⑤ 株式の買い方】

資産運用
スポンサーリンク

どうもノコピーです。今まで株式や証券会社について投稿してきました。本稿では株式の買い方について、纏めていきたいと思います。「株式はどうやって買うのか?」、「何が必要なのか?」とお考えの方のお役にたてたら嬉しいです。初心者の方にもわかりやすくなるよう、必要なものや基本的な流れを中心に書いていきます。それでは行ってみようー!

株式の購入に必要なもの

株式の購入に必要なものはû、大きく分けると【資金】、【証券会社の口座】、【株式の情報】の3つが必要です。

資金

一番大事なのは【資金】です。これがないと株式を買えません。株式は株式会社に運営資金を投資した証明書です。したがって投資に使用する資金が必要です。なお、投資は前述しましたが、リスクも有ります。投資をする際はご自身のご判断のもと、【余裕資金】をお薦めします。

証券口座

株式の購入は株式会社を通して証券所で購入します。したがって証券会社の口座が必要です。※なお、証券口座の開設には本人確認書類や銀行口座等が必要になる場合が有ります。口座を開設する際は証券会社にご確認ください。

情報

購入する株式を決定するために、株式会社の情報が必要です。具体的には収益状況や株価、株主優待や配当金の有無忘れがちなのがデメリットの洗い出しです。しっかりと購入予定の会社の情報を理解するのが大事です。

株式購入の流れ

株式購入の流れは下記の通りです。

証券会社の口座開設

証券会社の口座を開設します。証券会社を開設する際に注意しないといけないのは自分に合った証券会社を選ぶことです。

購入株式を決定する。

株式銘柄を選びます。銘柄を選ぶ際は、収入状況や株価、配当や株主優待をよく精査の上選びましょう。リスクの洗いだしと成長性も注意が必要です。

口座に投資資金を入れる。

口座に投資資金を準備しましょう。証券会社の手数料に注意が必要です。少し余裕を持って入れましょう。

株式の購入注文を出す。

証券会社に購入の注文を出します。

取引成立

取引成立で株式の購入は終了です。これで一連の流れは終了になります。

まとめ

本稿では株式購入に準備するものから、購入までの流れを説明しました。筆者が考える一番重要なことは、株式の選定です。株式を購入する上で株式の選定を確実に行うことでリスクを最小にとどめることが出来ると考えます。株式の購入を行う際は、自己の責任において株式投資のリスクをしっかりと考えて、余裕資金での投資をお薦めします。

コメント