初心者のための資産運用【株式投資編 ②収益の種類】

資産運用
スポンサーリンク

どうもGeorgeです。

現在、株式投資をお考えの方は多くいらっしゃると思います。また、始めたいけど、「怖い」、「難しいと」と思い、一歩踏み出せない方が多くいると思います。そこで今回は初心者向けに株式投資の収益について纏めていきたいと思います。株式投資にはリスクも有ります。収益とリスクをしっかりと理解した上で株式投資を始める必要があると考えます。それではいってみようー!

株式投資の収益種類

株式投資の収益の種類は大きく分けると「配当金」、「株主優待」、「インカムゲイン」の三点が有ります。一番イメージが強いのは売買で収益を出すインカムゲインではないでしょうか?下記に三点の説明をさせていただきます。

配当金

配当金とは簡単に言うと株式会社の収益の一部を株主に還元することです。株式会社は事業運営を目的に投機家から資金を集めます。その会社の業績に合わせ、収益の一部を配当として株主に還元します。なお、配当はその株式会社の業績によるため業績が不調の際は出ないお恐れがあります。

株主優待

株主優待とは、配当金とは別に株式会社のサービスや商品を株主に還元することです。株主優待に関しては購入する際に株主優待が存在するかをご自身でよくご確認ください。また株主優待はその会社こどに内容がかわります。自社の商品を還元する企業や自社のサービスを還元したり様々です。株式会社購入の際には株主優待の有無や内容もご確認ください。また、会社によっては配当金も株主優待も出さない会社も有ります。出す方が100%良いかと言うと、そうではありません。会社によっては配当金や株主優待の費用を自社の設備投資に当てることにより、その後の会社発展により株価の上昇を持って株主に還元する会社も有ります。大事なことは目的をしっかりしぼる事が大事です。

キャピタルゲイン

「キャピタルゲイン」とは、自身が持っている資産が値上がりしたことにより生じる利益です。具体的には購入した会社の業績が好調で多くの人が所有を希望し、その結果株価が上昇し、その所有株を売却し利益を確定することで得られる利益です。また逆に購入時より、売却時が金額が低かった際を「キャピタルロス」と言います。

まとめ

今回は株式投資の収益の種類についてまとめました。株式投資はリスクも有る投資方法です。株式を購入する際は購入予定の株式会社の決算状況や内容リスクも考慮した上での購入をお薦めいたします。

コメント