初心者のための仮想通貨【ビットコイン】

仮想通貨
スポンサーリンク

どうもノコピーです。

これまで「仮想通貨とは何か」また「仮想通貨と投資」について今まで投稿してきました。これから仮想通貨の投資をお考えの方は多くいらっしゃると思います。購入を考えていても、実際「どのコインが将来性があるのかわからない!」また、「コイン自体の事が知りたい」という方向けに各コインのご紹介をしていきます。まず始めに仮想通貨の名を世に広めた【ビットコイン】から始めていきます。それではいってみよー!

ビットコイン

ビットコインは一番最初の仮想通貨であり名称はビットコイン(Bitcoin)。1ビットコインの事を1BTCと言います。発行上限は2100万枚です。発行上限より増えることはなく、上限が決まっているため、有限であり、【金】に例えられることがあります。またビットコインはすでに2100万枚市場に出ているのではなく、徐々に発行されます。

ビットコインの目的

ビットコインの目的は国や銀行なと特定の組織、人物が管理するのではなく、システムを用いて利用者の皆で管理することにより権利や信頼を担保する事を目的に作られました。分かりやすく言う「システム上で発行したコインを銀行や国などを介さずに個々でやり取りできるようにする」ということです。

コンセンサスアルゴリズム

コンセンサスアルゴリズムとは直訳すると【合意方法】です。特定の管理者がいない仮想通貨をシステムで管理・運営するための仕組み(ルール)です。ビットコインのコンセンサスアルゴリズムは【POW(プルーフ・オブ・ワーク)】といいます。分かりやすく言うと、AさんからBさんに1BTC送ったとします。この送った情報を一番最初に確定及び間違いないことを確認した人に報酬としてビットコインをもらえるという仕組みです。この承認及び確認をし報酬をもらうことを【マイニング】と言います。このマイニングという名前は上記であげた金の採掘からとられた名称です。

ビットコインのメリット

・個人間の直接送金が出来る。これは銀行等を介さずに直接送金が可能です。

・現実に使える店が増えつつある。

・自分の所有している通貨の金融危機へのリスク管理になる。

ビットコインのデメリット

・価格変動が激しい。

・まだ使えるお店が少ない。

・スケーラビリティの問題がある。これは使用者が増大することでネットワークが込み合い、処理するデータが多すぎることにより、送金時間の増大や手数料の高騰を引き起こす。

まとめ

本稿のまとめとして、ビットコインは権利が集中しない貨幣のシステム構築を目的としています。現実的に国や銀行なとの信頼は強いため、信頼の構築には国や銀行などの管理が必要だという意見も多くあります。しばしば、この特定の管理者が必要かのあつい議論がなされています。ビットコインの購入をお考えの方は、利用者の増減やニュース、価格などに注意が必要だと考えます。

コメント