初心者のためのホームページ作成【装飾編】

HOMEPEGE
スポンサーリンク

どうもノコピーです。前回はホームページの作成に必要な画像や写真についてまとめました。筆者は自分の投稿を見ながら画像だけではまだ見づらいなと感じました。

そこで他のホームページを見ながら気づきました。【うちの投稿は色が足りてない(汗)】そこで今回は初心向けのホームページ装飾についてまとめていきます。なお、「お前の投稿そこまで出来てねーじゃねーか!!」とお思いの方もいらっしゃると思いますが、筆者も現在ともに勉強中のため暖かい目で見守ってください(笑)

装飾とは

本稿での装飾とはホームページやブログにおける記事の色や大きさ、段落等の記事を書く上での見やすくする行為を言います。(洋服等の装飾とは違いますのでご注意下さい)記事を飾付ける行為を総称して装飾と呼びます。

装飾の種類

装飾の種類は数え切れないほど多く有りますが下記が代表的な例です。

文字の大きさ

文字の大きさは強調や大事なポイントを示します。【ここが大事な所】なので読んでくださいという強調の意味で用いることが多いです。記事を作成する上で欠かせないテクニックと言えるでしょう。

文字の色

文字の色も上記で上げた協調と同じ位必須のテクニックです。文字の色は強調や注意・追記など多くの箇所で使用します。また色をつけることで、見やすさも向上するため、実戦したいスキルでしょう。

段落・改行

改行や段落は話や内容が変わるときに用います。このホームページでは本題に入るときや項が変わる際に使用しています。文章全体が見やすくなります。ただし、多用しすぎると、文章がスカスカになってしまうため注意が必要です。

目次

筆者は目次はとても大事だと思っています。ホームページやブログの場合読んでくれる方が全部を読まず飛ばして見る方も多いと考えるからです。そのため、目次でどこに何が書いてあるかは読んでくれる方に分かりやすくすることができます。

記号

記号や括弧は文章の見やすさや強調でとても分かりやすくなります。文章中の会話等で良く用います。数字や記号は見る方の理解を助けます。

メリット

メリットとして、記事を見やすくしたり、華やかにすることができます。また、段落等は筆者も書きやすいというメリットも有ります。

デメリット

装飾は見易さに繋がりますが、真面目な文章の際は使えません。(あえて使わない。)また、色の配色や使い方によってはふざけているイメージになりますので注意が必要です。

まとめ

今回のまとめとして筆者が思ったことは、配色は重要な要素では有ると思います。ただしやり方や色の組み合わせは注意が必要です。そして何より大事なことは文章の中身であり、読んでくれる方が求めるものを考え、文章化するのが大事だと考えます。

コメント