仮想通貨ハッキング対策!超安全保管【Ledger Nano S】

仮想通貨
スポンサーリンク

どうもノコピーです。

みなさん仮想通貨の安全保管を考えてますかー?これから仮想通貨を始めようと思っている方ももう始めている方も【仮想通貨を安全に保管することは必要だ!】と考えていると思います。実際【超大事です。】仮想通貨はデジタル上のデータのため、常にハッキングのリスクにさらされています。そのため、仮想通貨を安全に長期間保存するにはインターネットに接続しないでオフライン【インターネット非接続】で保管するのが安心です。そこで今回はオフラインで仮想通貨を保管できるフランスLedger社の【Ledger Nano S】をご紹介します。

仮想通貨の安全性

仮想通貨の保管を取引所のウォレットのみで行っている方もいると思います。実際取引所に多額の仮想通貨を預けたままにするのは銀行の通帳と印鑑を同時に預けたままにするのと同じです。仮想通貨の取引所でもセキュリティ対策をこうじている取引所も多く有ります。しかしインターネットのハッキングは日々開発されており【いたちごっこ】です。絶対にハッキングされない保証は有りません。仮想通貨の業界はまだできて浅く円熟には達していないため対策が取りきれていない取引所も有ります。実際過去には2018年1月26日に日本で最大級の規模を誇っていた【コインチェック】がハッキングにあい、仮想通貨のNEMが580億円分不正流出する事件がありました。投資は自己責任です。そのため、自分自身で安全な対策を高じる必要が有ります。現在の対策で一番安全だと考えるのはハードウェアウォレットです。基本的にはインターネットに接続しないで保管し、必要な時だけインターネットに繋げるハードウェアウォレットが安全保管には適していると考えます。

Ledger Nanoとは

Ledger Nano(レジャーナノ)はフランスのLedger社(レジャー社)が開発したUSBみたいな媒体をパソコンに接続するタイプのハードウェアウォレットです。今回紹介する【Ledger Nano S(レジャーナノs)】は世界トップシェアを持つレジャーシリーズの第2作目であり、愛用者が全世界10万人以上います、定期的に品薄になる位人気の商品です。なぜこんなに人気が出るのか?その理由を下にまとめていきます。

Ledger Nano S(レジャーナノs)人気の理由

Ledger Nano S(レジャーナノs)の人気の理由は【使いやすさ】、【取り扱い通貨の多さ】、【紛失・故障しても大丈夫】の三点があります。

使いやすさ

ハードウェアウォレットと名前を聞くと【操作が難しそう!!】というイメージが有りますよね!Ledger Nano S(レジャーナノs)はUSB位の媒体にボタン二つのシンプル構造です。簡単に操作できる操作性の高さが魅力です。

取扱通貨の多さ

よくハードウェアウォレットを考えているけど持っている仮想通貨が対応していないことがよく有りますよね?Ledger Nano S(レジャーナノs)はなんと【ビットコイン】、【イーサリアム】、【リップル】をはじめ全27種類の仮想通貨に対応しています。【リップル】を扱ってるのはうれしいですね。

紛失・故障しても大丈夫

Ledger Nano S(レジャーナノs)は初期設定時に24個のリカバリーフレーズを決定します。このリカバリーフレーズを付属のリカバリーシートにメモすることで媒体が紛失した際や故障した際に別のLedger Nano S(レジャーナノs)でリカバリー出来ます。これは本当に嬉しいですね!人間なので紛失とかの可能性がゼロでは無いです。なお、リカバリーシートだけは紛失・破損しないように注意しましょう。

Ledger Nano S(レジャーナノs)を使用する上での注意点

Ledger Nano S(レジャーナノs)を使用する上で気を付けなければいけないことは、管理の徹底とコストです。

管理の徹底

ハードウェアウォレット全般に言えることですが強固に保管できると言うことは情報を全て自分で管理する事を意味します。そのため、Ledger Nano S(レジャーナノs)の本体とリカバリーシートを全部紛失すると仮想通貨の取りだしが不可能になります。また誤った操作、例えば使用中のデータリセット等をしてしまうと仮想通貨を取り出せなくなります。操作を行う際は説明書をよく確認しましょう。どんなに素晴らしい製品も自分が何をしているか理解していないと宝の持ち腐れになります。

コスト

Ledger Nano S(レジャーナノs)の気になるお値段は定価15800円(税込)です。この金額は保管する仮想通貨の金額を考えれば必要な金額だと考えます。実際の仮想通貨はこの何倍や何十倍の金額を保管するなら必要です。また、紛失や故障を考えたら複数の購入をしておくと安心です。Ledger Nano S(レジャーナノs)の本体を紛失や故障してもリカバリーシートが有れば同一製品で復旧出来ます。

まとめ

今回はハードウェアウォレットのLedger Nano S(レジャーナノs)をご紹介しました。ハッキングのリスクや使い勝手・万一の故障、紛失を考えると安全保管に適していると考えます。気になった方は是非製品を調べてみると良いと思います。

コメント