仮想通貨の基本【投資とビットコイン編】

仮想通貨
スポンサーリンク

どうもノコピーです。

前回仮想通貨の買い方について投稿しました。今回は更に深く掘り下げてビットコインについてご紹介します。「今さらだけどビットコインってなんだったの?」とお考えの方や「仮想通貨に投資できるの?」とお思いの方にビットコインと投資について書いていきます。それではいってみよー。

George
George

ビットコインで聞いたことあるけど具体的には何かわからないな。なんで投資対象になったんだ?

Nokopi
Nokopi

今回はビットコントは何なのか?また何で投資の対象になったのかをまとめていきます。

ビットコインとは

ビットコインは2008年に「サトシ・ナカモト」という人の論文に基づき2009年に運用を開始された。なお、「サトシ・ナカモト」という人は名前以外詳細は不明であり、個人なのか複数のグループなのかもわかっていません。基本的な単位は【BTC】。【1ビットコイン=1BTC】と記載される。

ビットコインはお金のイメージが有りますが、正式には決済システムとそれに用いる電子通貨のネットワークです。この仕組みにはブロックチェーン技術を使用しており、国や会社が管理、価値を保証していないのが特徴です。では実際誰が管理しているのかと言うと、ビットコインネットワークを使用している全員で管理しています。使用者の総意で管理及び価値を担保するというのがビットコインの考え方です。分かりやすく言うと、「特定の人が全て管理するのではなくシステムを用いて皆で管理しよう」というのがビットコインの考え方です。

ビットコインと投資

なぜこのビットコインが投資対象となったのかは、ビットコインの価格変動率に有ります。初期の1BTCは1円未満、2017年に最高で230万円とその価格変動率に億万長者が多く生れたためです。ただし、現在(2019.2.12筆者記入時)は40万円を下回る位の価格です。何よりも筆者が言いたいことはこの価格変動率の高さです。一瞬で多くのお金をなくす可能性が有ります。仮想通貨の市場は全体的にまだ出来て日も浅いため価値のある仕組みに投資できれば大きく利益を得ることが出来ますが、投資を誤るとその分大きく損をします。第2のビットコインを探すため、仮想通貨をお考えの方は分散投資とリスク管理にご注意下さい。

まとめ

本稿のまとめとして仮想通貨の市場はまだ未成熟であると考えます。技術としてのブロックチェーンや暗号化する仕組みは素晴らしく、将来性が有ると考えますが、仮想通貨の目的や内容を良く精査する必要が有ると思います。投資をお考えの方は分散投資とリスク管理に良くご注意下さい。

コメント