初心者のための仮想通貨【Tether テザー USDT】

仮想通貨
スポンサーリンク

どうもノコピーです。

大分暖かくなり過ごしやすくなってきた今日この頃ですが、ノコピーは花粉症が始まって毎日辛いです(笑)今までビットコインやイーサリアム等の仮想通貨をご紹介してきました。そこで今回はテザー【Tether】についてご紹介したいと思います。テザーは時価総額第7位の仮想通貨です。それではいってみよー!

テザー【Tether】とは

テザーの取引開始は2015年です。テザーは法定通貨と価格を連動させて価値を見出だしている仮想通貨です。価格の乱高下が激しい仮想通貨の市場において価格が乱高下しないよう設計されているコインをステーブルコインと言います。その中でも法定通貨と価値を連動させているコインをペグ通貨(ペッグ通貨)と呼びます。TetherはUSドルと価値を連動させています。Tetherのコイン名はUSDTで1テザーを1USDTと言います。上記で述べた価値を連動させているため1USDT=1USドルになります。ペグ通貨の強みは通貨の価値が乱高下しないことです。ビットコインやその他のアルトコインが大きく価格を落としてもTetherは落ちることがありません。またTetherは現実的に使えるようになった際に価格が安定しているため、使用をしやすくなってます。分かりやすく言うと昨日1ビットコインで買えていたものがビットコインの価格下落で今日は2ビットコイン必要になると言った可能性が無いため使用をしやすくなってます。

Tether(テザー)の特徴

Tetherとは一言で言うとUSドルとペグした仮想通貨で送金や手数料はブロックチェーン技術を用いて早く安くしている仮想通貨です。Tetherの運営・管理は【Tether Limited】と言う会社が行っています。コンセンサスアルゴリズムは【Proof of Reverse(PoR)】を採用しています。【Tether Limited】では管理している口座に法定通貨が入金されると同額のUSDTを発行し、ウォレットに送付されます。
仮想通貨の多くは中央集権にならないように設計されているのに対しTetherは【Tether Limited】という会社が管理しているのも特徴です。

メリット

Tetherのメリットは管理体制が強い、価格の乱高下がない、法定通貨と仮想通貨の良い点を併せ持つの三点が有ります。下記で説明していきます。

管理体制が強い

Tetherには明確なる管理者が存在するため、問題発生時の決定や行動を迅速に行えます。

価格の乱高下がない

USドルとペグしているため市場に乱高下があまりないのが特徴です。

法定通貨と仮想通貨の良い点を併せ持つ

USドルにペグしているため価格の安全と送金や手数料など仮想通貨の利点をあわせ持ちます。

デメリット

Tetherのデメリットとして、中央集権、カウンターパーティーリスク、収益化の難易度が高いの三点が有ります。下記で説明していきます。

中央集権

仮想通貨の多くは中央非集権の考え方のプロジェクトです。絶対的な管理者がいるため、一点に権力が片寄る可能性が有ります。ただし中央集権には迅速な意思決定や行動の早さのメリットも有ります。

カウンターパーティーリスク

【Tether Limited】の破綻や不祥事により会社がなくなる、また【Tether Limited】の資産がある銀行が破綻するとTether自体に価値がなくなることをカウンターパーティーと言います。

収益化の難易度が高い

良い点でも有りますが、USドルにペグしているため市場が安定しており、ビットコインのように大きく収益を伸ばすのは難しいです。

まとめ

本稿のまとめとして、Tetherは法定通貨と仮想通貨の良い面をあわせ持ちますがカウンターパーティーのリスクも有ると考えます。

コメント