仮想通貨の保管方法【WALLET ウォレット】

仮想通貨
スポンサーリンク

どうもGeorgeです。

これまで、仮想通貨の仕組みや購入について書いて来ました。仮想通貨はまだ新しい技術です。そのため、保管の仕方やセキュリティを確実に行うことが求められます。仮想通貨はブロックチェーン上の電子データであり、まだ新しい技術です。そのため、日々新しいコインが生まれてます。良い目的のプロジェクトと出会い、出来たばかりのコインを購入し、長期間保管する可能性が想定されます。そこで今回は仮想通貨を安全に保管するためにウォレット(WALLET)について説明していきます。それではレッツゴー!

Nokopi
Nokopi

ウォレットってなんだー??

George
George

仮想通貨を長期間保管するならウォレットを考えた方が良いぞ!ウォレットにも沢山種類がある。自分にあった保管方法を探そう。

 

ウォレット(WALLET)とは

ウォレット(WALLET)とは仮想通貨を保管するお財布です。分かりやすくいうと、現実のお金を貯める口座に該当します。仮想通貨はブロックチェーン上の電子データのため、実物が存在しません。そのため、電子データを保管する場所が必要になります。

ウォレットの必要性

仮想通貨はデータのため、常にハッキングのリスクにさらされてます。また、ブロックチェーンや仮想通貨の仕組みは出来てまだ日が浅くこれから発展していく市場であり、日々新しいプロジェクトや仮想通貨が生まれています。したがって、出来たばかりの仮想通貨を購入し、長期間保管する可能性が高いと考えます。以上の理由から仮想通貨を安全に長期間保管することが必要になります。

ウォレットの種類

オンライン(Web)ウォレット

オンライン(Web)ウォレットはインターネット上のウォレットに仮想通貨を保管します。取引所のウォレットやインターネットサービス上のウォレットがオンラインウォレットに該当します。リスクは高めです。常にインターネットとの接続をされているためオンラインで保管するための、ハッキングのリスクは常に有ります。またセキュリティもそのサービスを提供している取引所やサービスしだいとなっています。オンラインウォレットからのハッキングはたびたび発生しており、リスクは高めの保管方法だと考えます。

ソフトウェアウォレット

ソフトウェアウォレットは自分のパソコン等の端末にウォレットをダウンロードして保管する方法です。基本的にはオフラインで保管するためのオンラインウォレットに比べ安全性は高まりますが、自分の端末がウイルス等に感染した際のリスクが有ります。

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットは外付けのUSB端末のような小型の機械に仮想通貨を保管する方法です。オフラインで管理するため筆者はハードウェアウォレットで管理するのが一番確実だと考えます。オフラインで管理し、パソコン内の保管ではないので安全性は高いです。唯一のデメリットは紛失の可能性です。保管は確実に行いましょう。

コールドウォレット

コールドウォレットは紙に秘密鍵【口座番号や暗証番号のイメージ】を記載し、紙で保管する方法です。仮想通貨保管の最終手段です。紛失・消失には本当に注意しましょう。ハードウェアウォレットならば商品により復元できますがコールドウォレットは復元できません。

まとめ

本稿のまとめとして、仮想通貨の保管やセキュリティは資産を保管する上で非常に重要です。自分にあった保管方法を選ぶことが大事です。筆者は長期間保管するならばソフトウェアウォレットが適していると考えます。

コメント