初心者のための仮想通貨【ステラ Steller XLM】

仮想通貨
スポンサーリンク

どうもGeorgeです。

今日はあいにくの雨降りdayです。こういう日は気持ちが落ちがちです。日々一歩一歩前に進んでいくことが大事です。さて今回は仮想通貨の【ステラ、Steller】について書いていきます。【みなさんステラご存じですか?】知っていそうで知らない【Steller ステラ】について書いていきます。それではいってみよー!

【Steller ステラ】とは

Steller(ステラ)とはジェド・マケーレブ氏により創られた仮想通貨で2014年7月に公開されました。通貨単位は【XLM】で、1ステラを1XLMと言います。ステラはリップルのプロトコルを改良し作成した仮想通貨であり、リップルと同じ特徴を多く持ちます。時価総額は第8位の仮想通貨です。

特徴

Stellerは世界中の個人間送金に革命を起こすことを目的に開発されました。世界中の送金に革命を起こすと言えば【リップル】をイメージしますが、【リップル】との違いは個人間送金に焦点を当てているところです。リップルは世界中の国や銀行、企業等の大きい金額に強いですが、【Steller ステラ】は個人間の送金に焦点を当てているため、個人間送金に用いる少額に強いです。分かりやすく言うと100円を送金するプロセスと100億円を送るプロセスでは総量の違いから適しているシステムが異なります。またリップルとステラの違いは発行数からも見てとれます。リップルのXRPは1000億xrpを発行上限としていますが、ステラのXLMには発行上限が有りません。最初に1000億XLMを発行し、その後1年に1%ずつ発行していきます。【Steller】のコンセンサスアルゴリズムは【Steller Consensus protocol】です。

メリット

Stellerのメリットは送金の速さ、送金手数料の安さ、大手企業と提携しているの三点があげられます。

送金の速さ

送金の速さについては、個人間の送金に焦点を当てているため、リップルよりもさらに早い送金時間を実現しています。リップルが一送金に4秒(これも群を抜いて早い(笑))ですが、ステラは2.5秒です。

送金の安さ

送金手数料についても個人間送金に焦点を当てているため、安く設定されています。

大手企業と提携している

2017年10月に世界的な企業であるIBMとの提携をはじめに複数の企業と提携しています。

デメリット

デメリットとして、運営団体の存在、リップルとの比較、日本国内の取引所で取り扱いがないの三点があげられます。

運営団体の存在

仮想通貨の多くのプロジェクトは中央集権にならないことを目的としますがステラは非営利団体が管理しています。管理団体が居ることのメリットもあるので一概にはデメリットとも言いがたいです。

リップルとの比較

リップルを元に作成されたため、どうしてもリップルとの比較をされます。どちらも良い点、悪い点が有りますが大事なことは何に使う用途なのかだと考えます。

日本国内の取引所で取り扱いがない

現在日本の取引所ではステラの取り扱いはないため、購入するには海外の取引所を利用するしか有りません。

まとめ

本稿のまとめとして、ステラはリップルと同じく大変期待の高い仮想通貨です。個人間に焦点を当てているのも素晴らしいと考えます。まだ日本国内では購入できないですがこれからに注目したい仮想通貨です。ただし運営団体がしっかり存在するため、運営団体のニュースには注意が必要です。

コメント