【初心者用】ホームページ・ブログ記事の書き方

HOMEPEGE
スポンサーリンク

どうもノコピーです。ホームページを開設して10記事を越えました。筆者も最初は「ちゃんと書けるか?」、「読みやすい記事になっているか?」不安でした。「ホームページを今から始めようと考えている方」、「ホームページを作ったが記事の執筆が進まない方」が多くいると思います。そこで今回は筆者が実践している「記事の書き方」について、纏めていきたいと思います。まだ勉強中のため、どこまで分かりやすく書けるか不安ですが(笑)お付き合いください。ホームページ歴の長い玄人様からしたら言いたいことが死ぬほど有ると思いますが、初心者なので優しい目で見守っていただくようお願いします。本投稿はあくまで超初心者向けのホームページ・ブログ記事の書き方についてです。

George
George

最初記事を書くときは、何を書いたら良いか、わからず、書くのに凄く時間がかかったな。下記ながら消しての繰り返しだった(笑)

Nokopi
Nokopi

最初はどうやって何を書いたら良いかわからないよね。今回は記事の書き方をまとめてみよう。

 

書きたいことを明確化する。

一番大事なことは、何を伝えたいか、読み手の困っていることを書けているかを考えて記事を作ることです。目的がぶれると話が脱線します。また回答がないと何を伝えたい文章なのかわからなくなります。そのため、課題や疑問、答えを明確するのが何より大事です。

起承転結

「起承転結」とは文字道理書く流れをしっかりまとめる。構成を固めて記事を書くと言うことです。構成を固めずに書くと、回答までの流れがぶれると共に読みずらい文章になります。記事を投稿する前に自分の言いたいことが書けているのか読み返しを行いましょう。起承転結を気にしながら書くことで読みやすい文章作りに効果があります。

難しい言葉を使わない。

難しい言葉を多用すると、記事の内容が理解できなくなります。漢字や熟語などはできる限り控え、簡潔明瞭な文章を心がけましょう。例え等を活用するのも理解を助けます。

専門用語を噛み砕こう

専門用語を多用する記事は専門用語を理解していない読者をおいてけぼりにしてしまいます。そのため、専門用語は誰でもわかるようにかみ砕いて説明しましょう。書く際にはその専門用語を知らない人が読んでわかる文章を作るのが大事です。

まとめ

本稿のまとめとして、内容は相手の立場にたつ、書く前に構成を考え、書くときは誰が読んでもわかるように簡潔明瞭に書く。以上が筆者がいつも実践している記事の書き方です。

コメント