初心者のための仮想通貨【Bitcoin SV/ ビットコインSV/BSV】

仮想通貨
スポンサーリンク

どうもノコピーです。

今までビットコインやビットコインキャッシュについて説明してきました。筆者も知らなかったのですがビットコインキャッシュがハードフォークして【ビットコインSV】なる仮想通貨が誕生したみたいです。そこで今回はビットコインSVについて説明していきます。

ビットコインSVとは

ビットコインSVは2018年11月に誕生した新しい仮想通貨です。誕生の経緯はビットコインキャッシュからハードフォークで誕生しました。ビットコインSVが注目を集めているのは開発者がCraig Wright氏(グレイグ・ライト氏)が主導しているためです。グレイグ・ライト氏は自称ナカモト・サトシだと言っていることで有名です。ナカモト・サトシはビットコインの開発者です。発行数はビットコインキャッシュと同一の【2100万枚】で通過単位は【BSV】です。

ビットコインキャッシュのハードフォーク経緯

ビットコインSVがなぜビットコインキャッシュ(BCH)からハードフォークしたかと言うと、ビットコインキャッシュでは元々クライアントと呼ばれる開発チームが複数存在しており、アップデートを巡り意見の対立が発生しました。

ビットコインSVチームの意見

ビットコインキャッシュのブロック容量を32GBから128GBに変更することでスケーラビリティ問題を解決しよう。

ビットコインABCチーム(既存のBCHと認識)の意見

ビットコインABCチームは【クロスチェーン】の実装をしよう。クロスチェーンとは異なるブロックチェーン上の仮想通貨を相互に交換する技術です。分かりやすく言うと取引所を介さずに仮想通貨をトレードする仕組みです。ビットコインABCチームは利便性の向上を目的に提案しました。

ビットコインSVチームの考え

ビットコインABCチームの提案は開発者が自由に機能を追加することになり、中央集権になってしまう可能性が有る。ビットコインキャッシュのマイニングの難易度の高さも考えるとこれ以上中央集権に向かってはならない。以上の考えからビットコインSVが誕生しました。

ビットコインSVのメリット

ビットコインSVのメリットはブロック容量が128MB、リプレイプロテクション導入決定、ゼロ承認トランザクションが有ります。

ブロック容量が128MB

これはブロック容量を128MBにすることでスケーラビリティ問題の解決に繋がります。

リプレイプロテクション導入決定

リプレイプロテクションとはトランザクションを行う際にID等を付与することで正規のトランザクションを見分ける技術です。これにより不正送金等を防止することを目的としています。

ゼロ承認トランザクション

ゼロ承認トランザクションとはトランザクション処理が完了してないうちに正規のトランザクションとして送金を完了させることを言います。厳密にはブロックチェーン上にトランザクションデータをブロードキャストした時点で送金が完了したとすることで、実用性の向上に繋がります。ただし、ゼロ承認トランザクションは二重送金をどのように防ぐかが大事になります。

ビットコインSVのデメリット

ビットコインSVのデメリットとして、ビットコインから派生した仮想通貨との差別化、現実で使用できない、安全性の確保が有ります。

ビットコインから派生した仮想通貨との差別化

今までビットコインからハードフォークで別れた仮想通貨が相当数存在しており、他の仮想通貨との差別化が難しいです。

現実で使用できない

まだ現実ではほとんど使用できないため、これからの広がりに注意が必要です。

安全性の確保

ゼロ承認トランザクションでも触れましたが、二重送金の防止や不正にブロックチェーン改竄や悪用をどのように防止するかが重要です。

まとめ

ビットコインSVは中央集権にならないことを第一の目的として誕生しました。目的は素晴らしいと考えます。これからの安全対策等に注意をしつつ、情報を取る事が大事です。

コメント